薄毛に悩む女性はこれを疑え。びまん性脱毛症

AGAは男性型脱毛症と呼ばれているのに対して、
びまん性脱毛症は女性型脱毛症と呼ばれている女性に発症しやすい脱毛症の一つです。
びまん性脱毛症の症状は主に慢性的な抜け毛の多量化、
薄毛の進行が挙げられます。

 

今回は「びまん性脱毛症」を詳しく解説していきましょう。

 

びまん性脱毛症の発症時期

女性の方は更年期と言われる時期から序々に薄毛が進行してきます。
これは誰もが避けては通れない問題で、生理的現象として脱毛症とは認識されていません。
しかし、中には20代後半、30代頃から抜け毛、薄毛がはじまる女性患者がいます。
この方たちをびまん性脱毛症と呼んでいます。

 

もともと細い髪質の場合も

女性の場合はもともと髪質自体が細く、量も少ない方も多くいらっしゃいます。
そのような方が一時的に抜け毛の量が増えてきた、もしくは主観的に見て薄毛が進行してきたからといって、
一概にびまん性脱毛症とは言い切れません。

 

その場合は専門のクリニックで検査してもらうのが近道となります。

 

専門クリニックでびまん性脱毛症かどうかを検査する

最近では女性専門のクリニックも増えてきました。
びまん性脱毛症は主に女性がかかる脱毛症なので、女性の方は女性専門クリニックを探して行くのもおすすめです。

 

検査は主に血液検査です。びまん性脱毛症を疑う前に、まずは基礎疾患の有無を確認します。
疾患を患っている場合、その合併症状として薄毛になる可能性もあるからです。
もしこちらで確認できない場合は、髪に栄養がきちんと行き渡っているかの検査や血行(血の巡り)を調べます。

 

先ほども申し上げましたように、びまん性脱毛症に関してはまだまだ研究段階で、最初にきちんと検査を行わないと誤った治療法を施してしまう可能性があります。
その場合はどんなにお金をつぎ込んだとしても効果は見込めませんので、最初の初期検査が重要となることを覚えておいてください。

 

髪は女の命と言われるほど大切な部分であり、脱毛症というのは非常にデリケートな問題です。
抜け毛が多くなってきたときや髪の分け目が目立つようになってきたと感じた場合は
一度クリニックで検査を受けてみることをおすすめします

びまん性脱毛症の判断は難しい

女性型脱毛症と呼ばれるびまん性脱毛症ですが、実は判断は専門の医師でも難しいところです。

症状としては抜け毛が多くなったり、頭皮全体が薄毛になっていくのですが、これは男性型脱毛症のAGAにも見られる症状です。AGAは男性のみに表れる症状では決してなく、ただ男性ホルモンが多い男性に表れやすい脱毛症の一つというだけなのです。

女性の中には環境原因などからホルモンバランスが狂って相対的に男性ホルモンの量が多くなってしまうことがあります。この際は女性であってもAGAになる可能性を持ち合わしています。

 

しかしながら、腕利きの医師であってもその症状がAGAなのかびまん性脱毛症なのかの判断がつかない場合があります。よって、AGAなど他の脱毛症を総称して女性に表れる脱毛症をびまん性脱毛症と位置づけているクリニック、病院が多々あります。

 

また、びまん性脱毛症は近年の研究によって発見された脱毛症で、まだすべての解明がされているわけではありません。ただし、びまん性脱毛症は円形脱毛症とははっきりと区別されています。円形脱毛症は見れば分かりますので…。