海外の脱毛事情と脱毛症に悩む世間の声記事一覧

脱毛症、若禿げ、薄毛。そんな言葉は自分には程遠い存在だと思っていた22歳の大学生の男性がいました。今回は「まさか自分が…!」そんな実体験を一つご紹介したいと思います。脱毛症の恐怖「自分は禿げないよ」そう考えていたのは22歳の学生A君です。父親は額は後退気味でしたが、もう50歳も後半でしたので自然の摂理かと思っていました。仮に自分が禿げてくるとしても、その年齢だったら恥ずかしいこともないだろうと考え...


「あなた最近禿げてきたんじゃないの?」「禿げは男の勲章だ」熟年の夫婦の間ではこんな会話のやりとりもあるでしょう。しかし、この会話が成り立つのはお互い確固たる信頼関係を築き上げて、外見にとらわれない愛がそこにはあることが条件と言えます。まだ若いうちは未熟な考えで、ついつい外見を第一に考えて付き合ったりします。だからこそ、男性、女性ともに日々お洒落にいそしむのです。では自分の頭が禿げてきたら、彼女はど...


脱毛症は何も男性の身にだけ起きるものではありません。女性は男性よりも髪が細いので、薄毛からはじまる脱毛症を危惧しなければなりません。むしろ、身の回りにも薄毛に悩んでいる人はかなりいるかと思います。女性はお洒落に敏感なので、髪の色や髪型を変えたりと、髪に負担がかかることをしてしまいがちです。「髪は女の命」とも言いますので、自分で痛めつけることはやめておきましょう。誰にも言えない女性の深刻な薄毛の悩み...


脱毛症に悩んでいる日本人の方は実に1000万人以上いると言われています。気候、環境、遺伝、生活習慣、精神疾患などさまざまな原因が考えられます。育毛の歴史はまだまだ浅い脱毛症の解決策として最も有効なのが当然のことながら相反する『育毛』となります。しかし、この育毛の歴史はまだ浅く、日本が本格的に研究、開発をはじめたのは1980年代となります。もともと頭が禿げる、髪が薄くなる問題は人が生きていく過程の生...


別の記事では脱毛症に悩んでいるのは日本人だけではなく世界共通と紹介しました。しかしながら、欧米圏を見てみるとまだまだ脱毛症に関しては客観視している人が多くいます。欧米人は禿げが当たり前ヨーロッパに行ったことがある人はすでにお気づきでしょうし、周囲に欧米人の知人、友人がいらっしゃる方ならば、すぐにご理解いただけるかと思います。「欧米人男性の薄毛率は日本人と比べると半端なく高いこと」がお分かりでしょう...


脱毛症の悩みを抱えているのは、なにも日本人だけではありません。同じくアジア地域ではお洒落にうるさい韓国、台湾の若者、中高年層にとっても深刻な問題となっています。また、欧米人も近年は髪を意識しはじめていて、最近ではサッカーのマンチェスターユナイテッドに所属するルーニーが増毛したと世間で騒がれましたね。欧米人の若者も脱毛症を気になりはじめている欧米人と言えば若くして禿げている人も多く、逆に禿げていると...